各工程別プレス金型
業務の流れ


弊社は、主に自動車のプレス金型を創っている会社です。
お客様から弊社にご依頼して頂いたプレス部品を取得するために、それぞれのお客様の各ニーズに合った自動車プレス金型を提供しております。

市場経済は多様な個性化の時代を向かえ、自動車のボディー製品も多種多様にわたってきております。
環境側面・軽量化・剛性・デザインなど・・・人と地球環境にやさしい製品開発に向けて年々技術進歩が著しくなってきています。

そのような背景をふまえ、自動車の複雑なボディ形状と、製品精度の厳しい部品を大量に生産するためには、百分台までの精度を追い求めた正確な金型が必要になります。

そのためにはお客様からお預かりした製品データにもとづいて、最新技術のCAD/CAMコンピュータを駆使しながら設計〜製造までを行い、ネットワークLANで一元管理のもと、NC(数値制御)で工作機械群を操ります。
一方では、現場技能者の技も必要不可欠な存在であり、職人技も時代を経て受け継がれ、昔も今もしっかりと職人芸が息づいています。
一言で表現すると、デジタル技術とアナログ技能が程よく調和された業務内容であると言えます。

お客様の設備されているプレス機械は、自社ノウハウを織り込まれた専用機がほとんどであるため、大変高価な部類に入る設備をご利用されています。
その高価なプレス機械が100%の能力(稼働率)を発揮するためには、金型の良し悪しが大変大きなウエイトを占めております。

弊社では長年にわたり培ってきた金型技術をもとに、お客様の生産設備ニーズにあった提案をさせていただいております。
「お客様のご要望と社会の変化には絶えず改善し、安心と満足を提供する。」を合言葉に、お客様に喜んでいただける金型をご提供できるように心掛けております。

右の写真で一番上は各工程別の金型一連写真。
その下の4枚は、1〜4工程の金型で出来ていく製品完成までのパネル写真です。

@工程 絞り

A工程 切断

B工程 曲げ・切断

C工程 切り離し完成品



業務の流れ

順番 業務工程 業務工程説明

お客様から営業へ注文

製品データ
・お客様から製品データ情報、納期の指示を受け、金型の見積もり。
・社内負荷などを踏まえて、受注の判断。
・受注決定後、品質計画書(受注条件書)を社内発行。

お客様と仕様打ち合せ

タンデム型仕様?

トランスファー型仕様?

順送型プレス仕様?

構想検討

成形解析
・品質計画書の管理項目を要チェック。
・お客様のプレス設備に基き、プレス製品の形状特性・成形法案・プレス工程配分・金型仕様などを構想検討します。
・プレス製品の加工方向・加工寸法・加工内容・加工部位を考慮しながら、ダイレイアウト設計を行います。
・ダイレイアウト図の承認をお客様に頂きます。

金型設計

ソリッドモデル
・お客様より承認して頂いたダイレイアウト図に基ずき、型構想指示書と設計・技術標準書を織り込みながら金型設計に入っていきます。
・金型設計では、各工程ごとに金型仕様・金型構造部・自動化装置・メカニズムを考慮してCAD設計してゆきます。
・金型部品調達リスト(員数表)を作成。

鋳物・材料・規格品手配

鋳物の完成品
・金型設計図と部品調達リストに基き、調達部品(鋳物・鋼材・規格部品・製缶品・外注製作品など)の発注。
・鋳物用フルモールドの立会。

加工データ作成

NCカッターパス
・NCデータを作成するために、加工用モデルデータに整備。
・鋳物の構造部・形状部用のNCデータ作成。
・鋼材形状部のNCデータ作成。
・プロファイルライン・ピアス・穴関係のNCデータ作成。


機械加工

高速NC加工中
・鋼材・ダクタイル等の一次加工・穴加工。
・下面加工。
・構造部加工。
・鋳物への鋼材の組み付け作業。
・形状加工。
・プロファイル・ピアス穴・関係の加工。
・主要加工部位の品質測定。

仕上げ・組立て

金型上下の合せ中
・機械加工後の受け入れ。
・金型の仕上げ作業。
・金型部品の組み付け作業。
・金型の上下クリアランスのダイスポット確認。
・製缶部品の製作・溶接作業。
・鋼材の熱処理・コーティングの組み付け作業。
・金型本体への塗装など。


トライアル

部品の完成
・金型完成後、弊社プレス機で自主トライ。
・金型の動的確認時、材料歩留まり・型機能・成形性・加工圧・自動化装置などをチェックし不具合部の洗い出し。
・お客様からのリクエストによるパネル取得作業。
・お客様立会いのご対応。
・プレス機での絞り、型当りなどの微調整作業

部品の測定検査

検査場にて測定中
・指定検査具の測定ポイントに基き、トライパネルの面精度、ライン精度の測定検査を行います。。
・金型の静的検査時、機能部品の取り付け確認・外観整備確認などチェックし不具合部の洗い出し。
・トライ不具合、型不具合部の内容検討し、修正指示を行います。
10
金型補正作業

金型の溶接作業
・トライ不具合、型不具合部の仕上げ修正。
・トライ不具合、型不具合部の機械加工修正。
・設変工事発生時の対応。
・金型やアイドルへのフィンガー搬送確認。
・ネームプレート取り付け、コモンプレート・ライザーへの金型組み付け。
11
金型の出荷確認

出荷待機中の金型
・トライ不具合、型不具合の修正を完了して、お客様に出荷OKの許可を頂ければ、全工程の金型を出荷。
全工程の金型をトレーラーに積込み、お客様の
プレス設備での現地確認に向かいます。
12 お客様設備にてトライアルを実施後、完成引渡し。
完成した金型でプレス部品の量産開始。
・弊社の担当者も現地立会いのもと、お客様のプレス設備にて、全工程の金型を装着し、本量産前の確認トライを行います。
・お客様のプレス設備で、品質・搬送・作業性でOKを頂ければ合格です。
業務標準
日